ホーム > アカデミーリサーチ > みんなのおそうじ“キッチン篇”

アカデミーリサーチ

vol.2

住まいのキレイに関する情報をお届け。
毎日の暮らしをもっと素敵に快適に!

アカデミーリサーチは、サニクリーンの事業活動を通じて長年培ってきた
「おそうじ」「衛生管理」「くらし・環境」に関するノウハウや研究資源を最大限に活用し、
快適で豊かな暮らしに役立つ情報をお届けします。

みんなのおそうじキッチン篇

食事づくりから食器洗いまで、まさに家事の中枢の場所でもあるキッチン。
いつでも清潔にしておきたいものの、使用する時間が長い分、さまざまな汚れもたまりがち。
今回は、キッチンのおそうじについて、苦手な箇所や気になる汚れについて調査しました。

おそうじが苦手な場所ランキング

半数近くの方が、レンジフードのそうじが苦手!

パーツを取り外したり、しつこい油汚れが取れにくかったりと、労力も時間もかかるレンジフード・換気扇が苦手な場所としてダントツの1位に。20代〜30代は4割、50代が5割、60代では6割以上の方が苦手との回答で、年代が上がるにつれ高いところの掃除に負担を感じるようです。また、排水口・排水管のそうじは、60代が1割未満に対して、30代は3割以上と、若い年齢層ほど、苦手意識が高まる傾向にありました。

気になる汚れランキング

飛び跳ね、こぼれ、ベタつきが気になるのは8割以上!

「きれいにしても、使えばすぐに汚れるから」と、気になりつつも見て見ぬフリをしがちな油の飛び跳ねや吹きこぼしなどの汚れ。使用するたびにたまってしまう汚れは、そうじ頻度の高い層ほど気になる方が多い傾向に。排水口のヌメリや水アカ・カビなど水まわりの汚れは、30代〜40代では8割近い方が気になる汚れとしてあげています。

教えて!みんなのおそうじ道具・洗剤は?

4人に一人
が「重曹」を使用!
洗剤・道具の
使用個数は
平均5.9個!
使用個数は
年齢層が高いほど
増える!
用途や場所によって、さまざまな種類がある洗剤やおそうじ道具。年齢層が高いほど使用する洗剤や道具が増える傾向にあるようで、クレンザーや油汚れ用など専用の洗剤は、60代では7割近い方が使っているとの回答でした。また、重層は全体の4分の1以上、特に20代では3割以上が使用しており、汚れ落ちだけでなく安全性や環境への負荷に配慮する意識もうかがえました。

アンケート調査概要

  • ● 調査地域:全国
  • ● 調査対象:女性・既婚者 20〜69歳
  • ● 調査期間:
    2018年6月26日(火)〜6月28日(木)
  • ● 有効回答数:400サンプル

ちょっとしたことで、
おそうじがグッとラクに!
おそうじまめ知識

キッチンの汚れに関しては、みなさんのお悩みも多種多様。
カンタンにできるおそうじのポイントをおさえて、汚れをためないキッチンを目指しましょう!

POINT1
油汚れやふきこぼしは
すぐに拭き取る!

飛び跳ねた油やこぼれた水分は、時間が経つほどガンコな汚れに。すぐに拭き取れば簡単に落とせるので、調理の後、食器洗いの後にコンロを拭く習慣を。

POINT2
シンクの水滴を
拭き取る!

蛇口まわりやシンクの中は水滴を残さないのがポイント。食器洗いの最後にサッと洗ったら、乾いたタオルで拭き上げましょう。

POINT3
油煙を効率よく
換気する!

調理中に出る油煙は、壁や床につくベタベタ汚れの原因のひとつ。調理前から換気扇を回し、窓を開けて空気の流れをつくることで、効率よく換気ができ、油煙の付着を防ぎます。

気づいたときに簡単にできるひと手間で、おそうじ効率がグンとアップ!
『おそうじまめ知識』を活用して、いつでもキレイな空間をキープしましょう!
ページ先頭へ